Scandi Blog

記事検索

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

2018.03.11

3.11あの日自分は‥

DSC07076.JPG   DSC07081.JPGDSC07083.JPGDSC07086.JPG

 

私事の話で恐縮ですが、3.11のあの日あの時間帯は車中の人でした。

在庫車として仕入れたパサートワゴンの確認の為、取引ディーラーからパーツを買い付け

工場へとR13号を走行中でした。突然ハンドル周りに違和感を覚えローリングとピッチングの

ミックスした様な動きに成ったのです。

 

只ならぬ車の挙動に動揺し、追い越し車線を走っていた私は何時でも止められる様

本線へと戻りました。

前方の信号がイエローに変わり車を停車‥ とたん!今度は停止してるのにも係らず

タイヤが4輪とも突き上げられる様なバラバラな動きを仕出しました。

 

まさに新車開発のサスペンションテストでもしてるのか?の様な激しい動きです。

ブレーキペダルを折れる位踏みつけ、左足は同様にフットレストに踏ん張り

ステアリングを思いっきり鷲づかみにし、そこにはなす術のない自分が居ました。

な、何が起こってる?? 車が原因で無いのは確かです。

カーラジオからは聞きなれない警告音?直ぐにはその意味が理解できませんでした。

 

本線交差点信号手前、最前列に居た私ですが冷静に周りを見渡すと信号機は

柳の様に揺れ、路肩の水銀灯は今にも折れて車を直撃する様な感じでした。

 

これって‥ 地震?その間も揺れは止まってません、下手したら地割れも起こしかねない

勢いです。 これでやっと自分が置かれてるいる状況が呑み込めました。

 

間髪信号は止まり、そう全てが停電です。 ハット我に返った私は工場の事が心配に

成りました、へたしたらリフトから車が‥

 

揺れも何とか収まり、無信号のまま周囲に十分注意を計らい工場へと車を走らせました。

平常なら交差点、信号からみマナーの悪さは目に余る事も有りましたが、この期に及んで

皆のマナーの良い事‥ やれば出来るんですね。ある意味悲しく成った自分が居ました。

 

工場は無事でした、揺れに瞬時に対応しリフトを速攻で下げたそうです。

で、次はショールーム2段重ねしてるタイヤ郡が商品車を直撃してないか?

数倍時間を掛け、戻り際即座にシャッターを開けました‥ 何とか耐え忍んでくれてました。

一部ショールーム内で軽微な破損は有りましたが、ある意味この程度で済んだ事は不幸中の幸いです。

 

あの震災から今日で丸7年、早いと思うか?それとも遅いか?‥ 当時の置かれた立場でこの見解は

随分変わると思います。

 

あの震災を経験し色んな想いが心駆け巡ります。

最低これだけは言えます!今やれる事はやる!明日があるから‥

そんな事だれも確約されてません!

 

大げさな言い方ですが生き残った人間はめい一杯人生を楽しみ、そして社会に貢献する!

あの震災で犠牲に成られた方々の分まで我々が‥

 

PS‥私の文面表現でお気を悪く去れた方がおられましたらお詫び申し上げます。

 

                     m(__)m