Scandi Blog

記事検索

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

過去ログ

2017.01.27

ノキアンスタッドレス最終インプレ!

DSCN1862.JPG DSCN1863.JPG

 

このノキアン製スタッドレスタイヤをインプレするに当たり、1月24日は非常に

感謝しなければ成りません。

なぜならばこの日一日で、この冬季シーズン起こりうるであろう殆どのシチュエーションを

体験出来たからです。

今回の最終報告は凍結道路、略ブラックバーンの状態です。

閉店時間の19:00を待ちいざ出撃します。

 

当店ショールムから西方向、上反田地区~門伝~上山みはらし地区へ出るルートです。

このルートは商品車仕入れの際車両確認する為の指定ルート!

 

理由は登りあり、コーナーあり、殆ど信号無! 近場ながらそこそこ走れますので‥

日中からのマイナス気温続きで路面はツルツル!市内を抜け試乗ルートへ車を向かわせます。

 

この時間帯だとこのルートは殆ど交通量が無く成ります。何時もより多少速度をあげて見ました。

滑り出しが始まるも、至ってスムーズで、あまり怖さを感じませんでした。

 

前回の圧雪凍結時と感覚は似た様な物で、あるポイントでグッと踏ん張ってくれるのが解ります。

 

前回の教訓から出来るだけ駆動輪にトラクションを掛けてみる走りに心がけた結果、何とも

今スタッドレスで凍結路面を走ってる事を忘れて仕舞う感覚に陥ってしまう自分が居ました。

 

結論‥

 

私の今までのスタッドレス概念は大きく分け、凍結性能を取るか、非積雪性のフィーリングを取るか‥ と、思ってました。

 

そこは千差万別で各個人の生活環境、使用状況で大きく変わると思います。

でもこのフィンランド製ノキアンR2スタッドレスに関し、全ての雪害は勿論の事、今回のリポートには

加えておりませんが、ドライ性能(高速道路も含め)そして制裁性、その全てにおいて今回のリポート

を通し正にオールラウンダー!!そんな感じがしました。

 

勿論私如きの勝手な感想に過ぎませんが、若しかしたら‥

 

勿論輸入業者さんの対応輸入サイズいかんに寄っては、来季よりお勧めメインブランドに成るかも

しれませんね‥

只、現状輸入サイズでは話に成らない事も申し上げておきましょう!