Scandi Blog

記事検索

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

2017.01.24

ノキアンvsコンチネンタル

DSCN1857.JPG    DSCN1861.JPGDSCN1848.JPGDSCN1849.JPGDSCN1850.JPG

今季輸入元がモニターで導入したフィンランド製スタッドレスタイヤ、ノキアンR2!

中々タイミングが合わず雪上テストが出来ないままでしたが、本日のここ東北山形は

朝から雪三昧‥ 気温も最高でもマイナスの値、そして何より本日は同型車両の

コンチネンタルバイキング6装着車が入庫となれば、この機会は見逃せない!

 

コンチ装着のユーザー様にはご了承を頂き、いざブレーキテストを刊行致しました。

只同型とは言え、当方のノキアン装着車はアークグレード、タイヤサイズもダウンサイズの

205/60-16、片やコンチ装着車はエアログレード、タイヤサイズは標準225/45-17です。

そして何よりエアログレードはアークグレードより強力なブレーキ、と、言うか2ℓモデルながら

2.8ℓモデルのブレーキキャリパーに改造してある事を念頭申し上げておきます。

 

先ずは40K/mhで消火栓の赤ポールを皮切りに(画像3、4)アンチロックを効かせたフルブレーキング

この動作を3回おのおの繰り返しましたが、微妙ながらノキアンに軍配です。

同グレード、ノーマルブレーキであればもっと差が点いていたかも知れませんね。

 

次の比較は画像一番下、コーナーリング比べです。これも40K/mhでノーブレーキングで左折

するものです。

 

こちらも軍配はノキアンR2!コンチと比較し、この9-3の車立て半分?約90㎝手前で落着きます。

この比較テスト前も単独で機会あれば色々試をしてた訳ですが、横方向は特に感触が良かったです。

次回は単独リポートには成りますが、山岳道路‥ヒルクライム&ダウンヒル編です。