Scandi Blog

記事検索

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

2015.03.22

N9-3エンジン始動不良

DSC03900.JPG  DSC03902.JPGDSC03899.JPG

 

 

my'06 saab9-3エステートにおいてエンジン始動不良が発生しました。

走行は60000K台のお車

 

成り染めはこうでした‥ 燃料残が少なく成り給油の為スタンドへ

フェールメーターは燃料残警告を

示しており指針も大分下、限界ギリギリの状態の中給油、給油後

 

ガソリンスタンドを出、約100m位の所で

エンスト!その後一向に‥  の状況だったらしいです。積載車を

出向させ引き取り、夕方の出来事でしたので

 

次の日確認、得てして燃料カツカツ状態の中フェールポンプに負担が

掛り死亡するケースはたまに有りますので

その類と思っておりましたが、フェールポンプまで電源が来て居りません。

 

ポンプ単体に直電を掛けると元気よく動き出します。

そうなると系列の電源を追って行く訳ですが(結構めんどくせぇ)結果!

な、何と  フェールポンプリレーのカプラが

御覧の通り溶けていましたぁぁ  ポンプリレーマイナス端子の不良の

様です。。 ポンプリレーは右Aピラー下部に

存在してます。今時こんな事あるんですねぇ 部品取り車よりカプラを

移植、新品リレーを取付け無事完了!