Scandi Blog

記事検索

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

2014.10.01

パーツ検索あれこれ

DSC03571.JPG DSC03576.JPG

 

 

我々が日常において車の故障診断から始まり、部位を特定

そしてパーツ検索をし、オーダー‥ そして施工というステップを踏む訳ですが

 

時には うぅ~ん と悩む時も多々ありです。。

ま、私の知識不足であったり、パーツリストの誤りであったり、そしてパーツ

リストを熟知する上での専門コードも存在しますしね。

 

で、今回は専門コードのお話になる訳ですが上記画像、saab9-5アエロ2003yの

VINプレートです。

一番下の一連の記号ですが6桁構成でグレードによってサスペンションの適合記号です。

GB=フロントコイルスプリング DY=リヤコイルスプリング J=フロントスタビライザー

J=リヤスタビライザー 7=フロントショック DB=リヤショック

と、言う具合です。

 

具体的例として、フロントコイルスプリングを交換する為パーツリストを開くと

下の様な画像に成ります。

 

パット見、エアロのオーナーであればスポーツシャシが入ってるのはお解りでしょうから

直ぐその名称は目に入ると思いますが、スポーツシャシ用だけで4種ある事が

お解りかと思います。

 

で、私のはどれか?と言う事に成る訳ですが、その時に確認が必要なのが冒頭出ました

VINプレートになる訳でこの車はGBコードですから、パーツナンバー 52 34 570が

適合だと解る訳です。

 

毎日サーブパーツリストは仕事柄とは言え見てる訳ですが、中々奥が深いです。

 

今日も98y GM900のミッションマウントで悩みましたが、結果パーツリスト上の

誤りが判明、パーツ到着まで不安無く過ごせそうです。

 

サーブ乗りのエキスパートなユーザーさんであればパーツを自分で検索

そして海外へ直接オーダーしてるョ という方も多々いらっしゃると思いますので

少しでもお役に立てれば幸いですかね。

 

えっ!もう知ってるって!。。

 

こりゃどうもすみません。。 <(_ _)>