Scandi Blog

記事検索

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

過去ログ

2014.02.12

レアケース

DSC00166.JPG Saab-Torque-Rod-12785096-AFT.jpg

 

上記画像はN9-3、B207エンジンに装着なるトルクロッド

エンジン~サブフレーム間を繋いでいる物です。 過去ネタですが

丁度作シーズン今頃の話ですが、定期点検で入庫の際発覚、画像は完全に

トルクロッドフレームが折れてますが入庫当時は矢印方向(車に対して下側)が

折れており、上部は未だ繋がってる状態でした。

 

ユーザー様へ状況をお話すると身に覚えがあるらしく… 

状況はこうでした… ユーザー様宅、車庫は道路に対し直角にバックで入れるらしいのですが

道路幅も狭く、若干上り気味で車庫入れ、まして冬季ですので雪の段差があり、夏期に比べ

踏むアクセル量も多め、極め付きは改装前の車庫の名残で、丁度地面センター部分に

若干の突起があると言う… 結果、度々下回りが当たってたらしい…

 

お車のトルクロッドを中心とした周りは、他干渉後がなく、正にピンポイント攻撃に

さらされておった様です。 パーツを検索するとフレーム事の一体供給で、今回のケース

ですと好都合なのですが、勿論こんなパーツは国内在庫なし、ダメ本で中古パーツ屋さんへ

照会かけるも在庫なし、て、ゆーかこんなパーツ普通商品として在庫しませんよね。。

 

仕方なく何時ものUSブレーンへ問い合わせ、N9-3なので当然パーツがあると信じ込み

安閑と返事を待ってると、な、なんと欠品の返事が!  これは困った… 

 

状況をブレーンに説明、何とかユーズド品を探し出してくれました。(さ、す、が)只、日本と

違い走行量も考慮し、社外ブッシュ(下画像)を同時に送ってもらい交換させて頂きました。

 

パーツ到着までの約10日、そして車両の再入庫、見事上も…