Scandi Blog

記事検索

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

2013.07.13

SAABクラシック900エンジンマウント交換

DSC00477.JPG  DSC00476.JPGDSC00478.JPG

 

過去ネタです。 

最終サーブC900ターボ16S、車検でご入庫。諸々のご依頼の中

エンジンマウント及びミッションマウント交換のご要望が御座いました。

たまたま商品仕上げ車用にと、1台分のマウント郡が在庫が御座いましたので

パーツ待ち時間なく作業が出来ました。

 

上記画像右がクランケから取り外した物、左が新品です。

もー一目瞭然ですね。。 右が完璧潰れてます。  クラシック900は左右にマウントが

配置されます。左右共共通パーツですが、もう片側も同様の潰れ方でした。

2枚目は取り外したマウントのアップ画像‥ 周りにクラックが入って来てますね。

これが進行してきますと縁取り状にパカッと割れ、正にお椀の蓋を取ったか 状態に成りますね。

走行は7万㌔台ですがノーズ前方に付くミッションマウントはまだイケそうでした。

 

新品マウント交換結果は絶大で、アイドル時の振動、何より走行フィーリングがとても

良くなりますョ。 

 

純正の生産は終わってる様ですが、社外マウントはまだまだ大丈夫の様ですね。