Scandi Blog

記事検索

2013年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

2013.06.04

サーブC900足回り異音

DSC00430.JPG

上記画像はsaabクラシック900に装着なる、フロントボールジョイント上下です。

クラシック900の場合フロントサスはWウィッシュボーン方式を採用してますので

アッパー及びロアーのコントロールアームがあり、各々のその先端にボールショントが

ありナックルアームへ連結なる と言う構造です。

 

この方式を採用すると言う事は高コストになる為、安価なストラット方式を採用するメーカーが

多い中、操舵性と乗り心地を確たるものにする為優先的に採用したと思われます。

更にはコイルスプリングの性能を十分発揮させる如く、曲がり防止効果の高いピボットマウント方式の

おまけ付きと来たら十分昨今の車の性能と勝るとも劣らない性能ですね。

 

あれ? すいません講義の時間でなかった で、す、ね。。 (^_^;)

 

ん、で、入庫の発端は?と言いますとハンドルを切った際(左右共) ギィ~と一定の

連続音がすると言うもの‥ ボンネットを開けエンジンルームで聞く限り可也の音量!

これ、パワステポンプ逝ってますね。 などと言ってしまった位です。

 

この車両は以前よりボールジョイント付近からゴトゴト音が少しずつ出ており、勿論ユーザー様

も認識は有ったのですが、延び延びになった結果がこの異音に繋がりました。

 

ボールジョイントは上下共通部品で純正、社外品ともセレクトする選択肢は多少有ります。

当店も純正は勿論、社外品も在庫はありまして今回はスペイン製の社外を使用、因みに

純正品はドイツ製ですね。

 

ジョイント、及び各ブッシュ関係、勿論ショックもですが完調の車両はほんと良い乗り味を出しますね。

母親からよしよし(?)と抱っこ ლ(^o^ლ) されてる様な乗り心地で、す。。