Scandi Blog

記事検索

2012年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

2012.08.04

エバポレーター n9-3編

DSC09357.JPG   DSC09359.JPGDSC09358.JPGDSC09435.JPG

 

前回アウディA4に引き続きエバポレーターの話題 n9-3編です。

入庫の経緯はアウディ編でお話した時の内容と粗同じ、ま、こちらのお車は

ガスチャージ後約1ヶ月は持ちましたが‥ 

 

助手席側グローブボックスを取り外しサイドに付いているブロアーケース側を

取り外しますとヒーターユニットが出てきます

エバポレーター用のカバーを取り外せば画像上の用にエバポレーターが顔を覗かけます。

特殊な光をあて覗きこむと‥ あちゃ~ (^^;; やっぱり漏ってま、す。。

 

ワイパーアーム左右を取り外しバルクヘッド上部のカバーを取り外せば 見えてくるのは

エキスパンションバルブ 高低圧ホース接合部を取り外しエキスパンションバルブを脱着

エバポレーターをフリーにした状態でヒーターユニットより横に引き抜けば取り外し完了!

現物を確認すると数箇所漏っている様子です。 はたしてパーツは‥ お、い、く、ら?‥

ヒーターコアと違いエバポの場合左右でパーツが違います。

国内在庫なし! もう既に国内物は売り切れたのか?時遅し、だったか‥ 定かではありませんが

他店でも1個バックオーダーが入ってるとの事でした。因みに価格は12万円台!

 

うぅ~ん 困った、、実際現物修理は可能か? 前回のアウディとはちょいと勝手が違う場所

ダメ元で業者さんに依頼をかけた結果 見事完治!(内心ホットします。。

意気揚々と組み付けの為パッキンをオーダーした所 ニャント! 此方も在庫無し!! 

エキスパンションバルブを挟み込む形でエアコンホース高低圧側及びエバポレーター側

高低圧用と大小2個づつ必要です。 折角エバポが完治したと言うのに‥ (>_<)

パッキン再使用は絶対不可で パッキン如きにあちこち探し出す時間だけでこのクソ

忙しい中馬鹿になりません 

2日後やっとパッキン到着 何とか事なく組み付けが終わりました。

この真夏真っ只中のエアコン修理、ほんと胃に悪いです。。。 ( ̄▽ ̄)