Scandi Blog

記事検索

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

2012.07.25

アウディA4 エアコンガス漏れ

DSC09427.JPG    DSC09434.JPGDSC09429.JPGDSC09485.JPGDSC09430.JPG

画像のお車は2006年式 アウディA4クワトロです。

エアコンが効かな~い! と、入庫して来たのが半月前 確かにガス圧不足により

コンプレッサーが作動してくれません。ガス補充及び漏れ確認用の蛍光剤を注入

エアコンを作動させガスを廻していきますがエンジンルーム周りでは見当たらず

一旦ユーザー様へお返し 所が‥

 

このエアコン戦線の最中、再入庫です。。。 (ーー;) 点検の結果やはりエンジンルーム周りからは

漏れが確認出来ず 室内側‥ と、言う事は エアコン二大祭りの内のエバポレーターか?

案の定疑う余地もなく‥ で、し、た。 (TT)

 

画像の通り室内は見事なまでにバラバラ、ダッシュ外しの全摘です、、

外したエバポを確認 高圧側に見事なクラックが入っておりました。外見上の構造を見る限りでは

エバポ本体へ高低圧用のパイプが圧入ロックリングで固定の様な構造に見えます

実際クラック側のロックリングなる物は既にスカスカで本体へパイプが圧入成っている

様子が見えます と、言う事はロックリング及びパイプの供給(パーツの)があるんだろうなぁ~

と、思ってしまいます。が、しかし!思惑は見事に外れ エバポ本体供給で、し、た 

価格は九万円台!エバポ本体から漏ってる様子もなく 是だけで‥

何とかアルミ溶接が出来んものかぁぁぁぁ!

と、言う事で業者さんにご相談 思惑通り良い方向に進みました。