Scandi Blog

記事検索

2011年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

2011.08.07

やっぱエアコンでちゅか?

DSC07554.JPG  DSC07555.JPGDSC07553.JPG

 

 

大方予想どーり、、 今季はエアコントラブル多いでちゅ。。 

7月、猛暑の真っ只中1台のC9‐3が入庫して来ました。 と、言うより出張先より

引き取って来たのですが‥

ユーザー様のご指定の街場のマンション駐車場へと向かい現車をチェック!

えっ!エアコンの故障で出張? と、思われた方もいらっしゃると思いますが

成りそめはこうでした。

ユーザー様が朝からお仕事であちらこちらとお仕事で使ってたらしいのですが、みょ~に

何か焦げ臭いと感じていたようです。

そんな最中、エンジンルームより突然ケムリが出来たそうで‥  そのまま近くの知り合いの

マンションへ駆け込んだんだとか‥ て、事で当店へラブコール  そして

出撃!と相成った訳です。

話は前後しますがボンネットを開けた瞬間!ゴムベルトが焼け爛れた何とも言えない

炭臭いと言いますか‥ ど~んと臭気が漂ってきます。 

その場からベルト周りを覗き込むと取りあえずドライブベルトはちぎれておらず、何頭のプーリー

がロックしたのには間違いなさそう。恐る恐るエンジン始動、室内で聞くエンジン音は普通 ?

エンジンルームを又覗き込むと みょ~にベルトテンショナー及びアイドルプーリーの横揺れが

酷いのとシャーシャー音も聞こえてくる 追っていくと‥ エアコンコンプレッサーがグラグラ、、

何とか走れる様だが この3点のパーツ、いつ吹っ飛んでも可笑しくニャィ!

積載車を持ち込むにはスペース的問題がありペケ

工場までは無理としてもショールームまでなら15分位か? なやんだ末自走に決定!

最悪の状況を踏まえ主任へコール!護衛機を付ける事に‥ 

ルートを考えながら2機のサーブ編隊は街へ繰り出す。とにかくアクセルワークをそ~っと

そ~っと 無事帰還!

 

後日分解した結果がこれ、エアコンコンプレッサーマグネットクラッチ部がガタガタ。。

もうほんの少しでバラバラだったでしょう ロック状態で無理に回された為

テンショナー及びアイドラーにも負担が掛かり使用出来ません。ドライブベルト以外は社外品を

使い14万円台で収めました。