Scandi Blog

記事検索

2011年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去ログ

2011.01.19

saab N9-3 v6AERO冷却水漏れ

DSC05214.JPG  DSC05215.JPGDSC05212.JPG

 

過去ネタです。 

昨年の9月頃のお話 my’06モデルの N9-3v6AEROが冷却水漏れで入庫して来ました。

N9-3はこの2006年にエンジンバリエーションを追加して来ました。

今まで直4、2ℓターボ 209PSエンジンを搭載していましたが、この年式から2,8ℓV6ターボ

250PSに変更です。

逆にミドルグレードのアークが従来の209PSターボを引き継ぐ形に成ったので中古車選びの際は

注意が必要ですね。 

さて本題ですが 漏れ箇所は画像でも一目瞭然! ラジエターサブタンクの亀裂ですが

実は過去にも交換してまして‥

丁度遡る事2年前、5万㌔台の時です。 此方のユーザー様は とにかくお仕事で殆どが高速

道路を活用、年間走行2.5万㌔?でしょうか

時を同じくして又起こってしまいました。前回交換から年数で2年、今回の走行は11万㌔台です。

ラジエターサブタンクの位置はエキゾーストマニホールド、ターボユニット側上部に位置し

一応射熱版で覆われているのですが‥

直4時代と違い  V6エンジンはもうキチキチにエンジンルームへ納まっており ご使用環境も

あって発熱量が半端でないのでしょうね。 ま、一番は取り付け位置に問題ありですが‥

とにかくV6AEROのユーザー様には、ここに限って2~3年で交換をお進めしたい所ですね。