Scandi Blog

記事検索

2010年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去ログ

2010.05.07

9-5水温計不調?

DSC04498.JPG DSC04509.JPG

 

過去ネタです。 

3月の終わり頃だったでしょうか? my’02 9-5エステート 6万㌔台のお車です。

県外のお客様で諸々の修理でお預かり致しました。

その中の一つに 走行中水温計が通常に戻ったり、下ったりすると言う物‥ 

お客様のお話のニュアンスから電気系? いわゆるメーター本体?

との感はあった物の お決まりの症状確認の為 試運転!アイドリングで充分暖めた後

出発! 現時点で水温計は目視では正常値 症状出てくれると良いのだが‥

と思いつつ郊外へ ふと水温計を見ると ん! 

四分の一まで指針が下っている 暫く走行、変わらず‥ 今度は街中に向け車を走らすと

幾分指針が上がってくる 長めの信号待ちなどでは正常値まで‥

どうやら電気系では無いようです。

テスターで点検の結果、メーター系の信号も適正 更に調べていくと‥

犯人はクーラーコンデンサーに装着なる圧力センサーと判明! このセンサーがダメな事により

エアコンの適正ガス圧を検地出来ず 常に電動ファンをハイステージで回していた様です。 

3月後半とはいえ 気温上がらず仕舞いのここ東北!まして渋滞の少ない道路を走った際

外気も充分取り込めます。更に電動ファンがハイステージで‥

いわゆるオーバークール状態! 水温計が可笑しいのではなく 実質的な動きをしていたって

訳です。 

因みにこの圧力センサー 当時(パーツ値上がり前)1万8千円程度だった様な‥

このセンサーはC9-3と共通パーツ この事例は当店は今回が初めて、今後出てくるかは定かでは

ないが単発的可能性もあり、中古の9-3用のクーラーコンデンサーがあった事を思い出し

お客様にご説明、中古の圧力センサーにて‥