Scandi Blog

記事検索

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

過去ログ

2010.02.09

VWゴルフCLDターボ冷間時エンジン始動困難!

DSC03993.JPG   DSC03976.JPGDSC03977.JPGDSC03978.JPG

 

画像のお車は中々希少なⅢ型タイプのゴルフCLDターボ!

my’94の初期タイプです。走行は190,000K台!

さりとてCLDに至ってはまだまだ小僧っ子の部類の走行距離で

しょうか?  確かこちらのお客様に販売させて

頂いたのは約6年前?ワンオーナーでたったの80,000Kしか乗って

いなかったお車です。先週ご入庫頂いた訳ですが、先週の

山形、連日マイナス気温の真っ只中の週です。症状は冷間時のエンジン

始動困難!! その前から兆候はあったらしいですが‥

もうバッテリーが上がる位(昨年新品に交換している)ガンガンに回して

ダメ!結局JAFにて真っ直ぐ工場へ入庫 ま、お電話でお話

を伺っただけで目星付きましたけどネ‥  ディーゼルの構造は

至って単純!先ずはグローヒューズの確認 ここは50Aの

板ヒューズが付いています。切れ易いのでここは年一回交換しておく

べきですね。価格も¥160程度ですし、勿論このお車も当店

入庫車ですので交換されてますし、ヒューズもOKでした。後はグロープラグ

ですね。恐らく過去交換暦(前オーナー時)ないでしょう!確認すると

見事に!ペケ 高い安いは別にして1本¥5,800程度です。しかし、Ⅱ型のCLD

から比べると、と、言っても何台もⅢ型ディーゼル見ている訳では

ないですが耐久性格段にアップしたなぁ~ と、思います。Ⅱ型は確か‥  

平均80,000K台で交換していた様な‥ 驚くべきは噴射ポンプですね。

Ⅱ型は12~30,000Kあたりで、燃料もれ、ラフアイドルがきてましたけど、190,000K

すョ!まだまだ健在!兆候無いですも!