Scandi Blog

記事検索

2009年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

2009.12.01

ピレリーアイスコントロールファーストインプレッション

DSC03728.JPG  DSC03726.JPGDSC03727.JPG

 

みなさん今晩は 

とーとー ある意味要らない?12月が来てしまいました。師走とも言うそうですが‥

こんな時期では有るものの ここ東北山形、天気の良い事、暖かいことぉ!

ずーと穏やかな天気が続いています。 

困った事にウィンタータイヤへの交換が前々捗りません  (何か焦りますぅ)

 

そんな中今年夏に新車で納めさせていただいたゴルフツーランに、コレマタ今年

新製品のピレリーのスタッドレス アイスコントロールを装着させて頂きました。

ファーストインプレッションと言いましても ①まず雪がにゃい!②お客様宅まで4K程度!

の理由によりご参考程度のご報告ですね。 

 

ま、スタッドレスタイヤの本文は 全ての雪害の障害を取り除きお車に安定性をもたらす事

だと思うのですが、冬季と申しましても四六時中厚雪、凍結な訳ではなく

1シーズンで見た場合かなりの割合で非積雪道路を走っている訳です。

と、言う事はドライ路面でどんなトラクションを起すか?

ここも大事な要因になって来ます。特に輸入車のユーザー様はここのポイントを

大事にされる方も多いのは確かですね。特にフレーム、足回りが確りしていて、同クラスの

国産車と比べ車重が有りますので このポイントが確りしてないと車がふら付いて

ドライバビリティが良く有りません。

 

お客様宅までは約4Kの道のり、殆どが街中のゴー、ストップ箇所、比較としましては

前作(現行で今期も販売してますが)ピレリーアイスストームとの比較です。

最初に気づいたのが走行ノイズ!アイスストームの場合常用域(40㎞/h~60㎞/h)で

結構シャ~音が高くちょいと耳障りだったのですが 見事消えています

後は交差点等右折の再、対向車(直進車)を気にしつつ素早くステアリングを右に切り

アクセルオン!巻き込み感がゼンゼン変わりました。確りした感触で、間違いなく

腰が強く成っている印象です。

限られた道路状況の中、今回はこの位のリポートが関の山ですが

厚雪凍結、郊外道路、高速道路等、機会が有りましたらご報告致します。