Scandi Blog

記事検索

2009年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

2009.10.01

9000AERO再生記 番外編1

DSC02749.JPG      DSC02732.JPGDSC02733.JPGDSC02734.JPGDSC02735.JPGDSC02736.JPGDSC02737.JPG

 

一応最終回を見た9000AERO再生記‥ では有りますが

前回の予告通り番外編と致しまして 天張り張替え風景をリポートして行きたいと思います。

担当して頂くのは当県内でも屈指の大江車体特装さん!

大江氏は東京で内装修理関係の会社で修行、技術を活かすべく実家の山形へ‥

 

先ずはサンルーフ本体の取り外し、ヘッドライニングの脱着へと ボロボロに剥がれている

生地を丁重に剥がし始める、何事も下地が肝心!一糸纏わぬツルツル状態まで仕上げて

行きます。かなり根気のいる作業に先ずは脱帽! 

選定生地を被せ、先ずは大雑把にカット!

ここで選定生地についてお話しておきます。 選定生地は私の様な素人が生地サンプルを

見ただけでは中々決断が出来ないもの‥ サンプルも多いし、

そこで色んなイメージを彼に伝えます。

すると確実にこちら側の要求を汲み取り具体化してくれます。特に内装は車を運転する際

一番長い時間その空間にいる訳で、慎重に成らざる終えませんので‥

当初取り決めした生地がクラッシック系を施工する時の当店指定生地と言う訳です。 

今度は満遍なく生地の裏側へ ノリをはって行きます。満遍なく徐々に徐々に‥

続いてはヘッドライニング側へ 結構時間掛けるよなぁ~ と見ていた自分 ここで!

今は7月の夏場 コンナニ時間かけてノリが乾かないものか疑問に‥

大江氏に質問を試みる 大江氏曰く一言 大丈夫スョ! と一言 涼しい顔して!

お話を伺うと ノリに関してもなんだかんだと色々試して見たんだとか‥

やっぱり持ち場持ち場で色々苦労してます‥

頃合を見計らい、生地をヘッドライニングへセット!

さて ココからが本番のよーですよ。 つづく‥