Scandi Blog

記事検索

2009年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

2009.03.25

たかがタイヤ交換されどタイヤ交換‥

DSC02204.JPG   DSC02203.JPG

 

 

ようやく春めいてきたここ山形

とは言ってもここ数日はポツポツ降りそうですが‥ 

そんな中 山形市内の方が中心ですが

サマータイヤへの交換予約が入って来ました。

本日は2台程‥

 

その内の一台が上の写真の アウディA4クワトロ‥

右前輪のタイヤを外し 脇にずらそうとした瞬間!!

ホイルの内側が目に飛び込んでくる! ムムゥ あららぁ~ 

グリスが‥

ドライブシャフトを覗くと ブーツがパッカリ‥

ここの部品はCVジョイントと言いまして 人間の関節の様な

役目をする 重要保安部品なんですぅ

中にグリスがタップリ入っていて ブーツで被っている って訳です。

何と言っても ここは早期発見 早期治療が原則でして

ほっときますと ドロ、砂等が浸入!CVジョイントを

壊してしまいます。

ハンドルを切りながらスタートした際 カリカリカリ~ と

音を立てて 走っているお車 皆さん聞き覚え有りません?

へたすると ジョイント外れますよぉ~  

勿論 ハンドル操作効かなくなるし 危ないです。

即刻お客様にお電話‥

ご事情をご説明 一旦 本日お車を返しするも 明後日又入庫

して頂く事に‥

 

単純に成りがちなタイヤ交換ですが タイヤを外せば 態々で無くとも

視界に入って来る所が一杯有ります さっきのドライブシャフトも

そうですが ブレーキの状態、及びブレーキホース、サスペンション等‥

ちょとした意識付けで お客様の利益を守る事が出来ます。

早期発見が遅れたばかりに進行し ん十万掛かってしまったと無い様‥

 

 

 

DSC02202.JPG